« また1年更新なし | トップページ

2014年8月23日 (土)

片付ける、掃除する。でもやる気が出ない。そこで一言。

"one by one"


俺の部屋は散らかっていて汚い。
物が散乱しているし、埃が溜まっている。

そんな俺が少し前から、整理整頓するために心に留めているスローガンが、「one by one」。

物が片付かないのは俺が動かないからで、出したら戻さないし使い終わっても捨てない。時間は作ればあるのにやる気が出ないのでダラダラ座ってばかり。そうこうしているうちに30分、1時間。
週末にまとめてやろう、なんて思っても実際には実行されない。だって当日になると、雨が降っていたり寝坊したり体がだるかったり、結局やる気が出ないからね。
カラッと晴れていて目覚めもよくて体調も良くて予定は何もない、なんて完璧な週末はそうそうやってこない。だから、「週末にまとめて」なんてほとんど無理なんだ。

そこでこの「one by one」だ。
一つずつ片付けていけばいい、という意味だと思うかもしれないけど、一つずつをいくつも続けようとするのは、「週末にまとめて」と一緒だ。
これは「いま目の前にある一つだけ」を処理するためのスローガンなんだ。
いま目の前にあるこの一つさえできれば、もうこの後の人生では何も処理しなくていい、そういう気持ちになる為のスローガン、それがこの「one by one」。
しかもいま目の前にある一つっていうのは、なんだっていい。できれば些細なことがいい。
例えば、目の前に転がってる爪切りを引出にしまう(もっと言えばテーブルの隅に置く、でもいい)、床に平積みされている雑誌をまっすぐにする(座ったまま指でちょっと押す程度でいい)、化粧水と乳液のボトルのラベルこちらに向ける、とかとか。
あんまり難しいことをしようとするとやる気が出ないから、電話中にコードを指に巻きつけるような、その程度のことでいいんだ。
しかも、その一つを処理したら、それが人生で最後の大仕事だったかのように、この後の人生で何も片付けなくていい、そう思って手を伸ばす。その一つ(だけ)を処理することによって、俺の部屋は片付く。きっと、これを読んでいる部屋を片付けられないあなたの部屋も、片付くと思うよ。
そういうスローガンなんだけど、「one by one」どう?

ちなみにこれを思いついたのは、以前使ってた「1 by 1」ていうmp3プレイヤーから来てる。
本体も動作も軽くて、シンプルで、すごく使いやすいプレイヤーだ(win7で使おうと思ったら動かなかったんだけど、対応してないのかな。俺のwin7が64ビットだから?)。使いやすいことはもちろん良かったんだけど、ああいうものを作ろうと考えたってとこに惹かれたね。シンプルさを必要としている人は沢山いると思うんだけど、これがなかなか、世の中には複雑なものばっかりなんだよな。

それで片付けの話だけど、世の中に溢れてる片付けの本とか、収納に便利な引出あれこれとか整頓ツールとか、そういうのは片付けられない俺たちにはまだ必要ないんだ。ああいうのは、既に部屋の中が片付けられてて、でももっと他にやり方があるんじゃないか、って探りたい人か、もしくは単に他人がどんな片付けを行っているか見てみたい、って人向けなんだ。
でもそうやって「ほらこういう風に片付けるのが普通だよ」「これくらいはやらなきゃダメだよ」なんて俺たちに言われたって、まだそこまで行ってないんだから後にしてくれ、って思うんだ。
いま俺たちがすべきことは、目の前にあるこの一つ"だけ"を処理すること、なんだからさ。

だから、「部屋 片付け」なんて検索している、いままで部屋が片付いたことの無い人たちは、そういうwebページをふらふらするのはお休みして、ただ心の中で「one by oneで良いんだ」って思っているのがいいと思う。(このブログもそうやってたどり着いたって?それは良いことだ。これでやっと「部屋・片付け迷宮」から脱出できる)

俺の話、「one by one」、なんとなく分かってくれたかな?
ここまで読んでくれてありがとう。これで、俺たちの部屋はきれいに片付くよ。めでたしめでたし。

(あれ?タイトルが"片付ける、掃除する。"なのに、掃除について触れられてないぞ?)
(うん、今度の"週末にあらためて"書くよ…)
(書かねーな、こりゃ)

« また1年更新なし | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1201476/57163059

この記事へのトラックバック一覧です: 片付ける、掃除する。でもやる気が出ない。そこで一言。:

« また1年更新なし | トップページ